パソコンデスクのモデル化(その8) -共有・プル直線-|無料の3D CADを使ってみよう

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  モデリング  >  パソコンデスク >  パソコンデスクのモデル化(その8) -共有・プル直線-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パソコンデスクのモデル化(その8) -共有・プル直線-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
その8です。大物部品が揃ってきました。

大方の部品がそろってきましたが、プリンタを乗せる板がありません。曲がり角材も1本です。まず、曲がり角材を共有でコピーしましょう。共有の仕方は、(その6)の時のアセンブリの場合と同じです。但し、今回は移動先の点を指定して配置してみましょう。共有作成で曲がり角材を指定、2点を選択して手前の角材の左角を選択します。次に移動先の同じく角材の左角(同じようにおきたい場所)を選択です。
パソコンデスク8-1
パソコンデスク8-2

次にプリンタを乗せる板をモデル化します。これも(その7)の時と同じです。曲がり角材の外形を下書き線として参照し、プリンタを載せる板をモデル化します。
パソコンデスク8-3

完成したら、プリンタ台というアセンブリをパソコンデスクのアセンブリの下において曲がり角材2本とプリンタ用板をプリンタ台の中にいれてしまいます。
このあたりの操作は、(その2)でやったとおりです。
パソコンデスク8-

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。