パソコンデスクのモデル化(その12) -プル回転・プル直線-|無料の3D CADを使ってみよう

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  モデリング  >  パソコンデスク >  パソコンデスクのモデル化(その12) -プル回転・プル直線-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パソコンデスクのモデル化(その12) -プル回転・プル直線-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
その12です。今回はパソコンデスクから離れてねじを作りましょう。

ねじは、M5のトラスねじを使用するとしてモデル化していきます。
まずは、いつものようにワークプレーン上に下書き十字線を描いて、片方を回転軸にします。
回転軸を決めたら、回転させてできる形状を断面図として作図していきます。
パソコンデスク12-1

作図ができたらば、プル回転のコマンドを用い先ほど決めておいた軸を選択して360度クルッとまわします。
パソコンデスク12-2

ねじ頭の元ができました。
パソコンデスク12-3

次に十字穴を作成しますが、こちらは任意の位置にワークプレーンを作り十字となる形状を作図してプル直線で適当な深さに掘ってあげればよいと思います。
私は、ねじ類は購入品となるでしょうからドライバを挿す穴は、それと分かる形状になっていればよいと思っています。但し、ドライバを挿す穴が重要な設計ポイントになるのであれば、JISを見るなりしてモデル化してください。
パソコンデスク12-4

あとは、ねじ部をを作成しましょう。ねじはねじの呼び径でモデル化します。また、ねじ先に気持ちC面をかけるとそれらしく見えます。
パソコンデスク12-5

以上でねじの完成です。次回はねじを配置します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。