パソコンデスクのモデル化(その13) -共有連続配置-|無料の3D CADを使ってみよう
FC2ブログ

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  モデリング  >  パソコンデスク >  パソコンデスクのモデル化(その13) -共有連続配置-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パソコンデスクのモデル化(その13) -共有連続配置-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
その13です。前回作ったねじを適切な位置に配していきましょう。

まず、作成したねじを一つ適切な位置に位置コマンドで配置します。うまく整列、軸あわせなどを使って配置してください。
配置ができたら次のねじを共有で配置しますが、このときに「複数位置決めの開始」を使って並べていきましょう。何度もやっている2点コマンドを使って一つ目を並べたら、下図の複数位置決めの開始を選択して、次々に
穴の中心を選んで並べていきます。
復習になりますが、穴の中心を選択するには「CLRL」+「SHIFT」を押しながら選択する円の円周上を触れば自動的にセンターがとれるようになっています。
パソコンデスク13-1

同様に他の面でもやるのですが、一つ注意点があります。配置するものの向きが変わる場合には、基準となるものを一つ正しい位置や向きに配置してから共有コマンド+複数位置決め開始を行うことです。下図では、右上のねじを正しくおいてから、他の部分へ共有させていくところの図となります。
パソコンデスク13-2

以上の作業を繰り返し、今回のパソコンデスクでは全部で20本のねじが配置されることになります。
がんばって、全て並べましょう。
パソコンデスク13-3

今回は簡単ですが、以上です。段々と一度説明しているので書く内容が少なくなってきますね。3D CADの操作は繰り返し触って、いかに効率よくできるのかを考えることも大事です。また、一人だけで悩んだり、自分だけで満足したりせずに相談したり、操作を教えてあげることで自分の操作技術レベルもあがりますよ。

次回は干渉チェックです。
このパソコンデスクは正しく組み立てられるパソコンデスクのモデルになっているでしょうか?
例で使っているパソコンデスクは干渉があるために組み立てられません。その見つけ方について紹介します。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
2159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
94位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。