パソコンデスクのモデル化(その14) -干渉チェック-|無料の3D CADを使ってみよう

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  モデリング  >  パソコンデスク >  パソコンデスクのモデル化(その14) -干渉チェック-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パソコンデスクのモデル化(その14) -干渉チェック-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
その14です。今回は干渉チェックについてです。

前回まで作ったパソコンデスクの3Dモデルは実は干渉問題を起こしています。
干渉をチェックするにはパーツ&アセンブリの干渉コマンドを使用します。
パソコンデスク15-1

一対一の干渉をチェックする場合にはこのままですが、アセンブリ全体でのチェックを確認する場合にはリスト内全てを選択します。
パソコンデスク15-2

リスト内全ての窓にはツリー上からパソコンデスクのアセンブリを選択した後にビューボタンを押しましょう。
すると、新しくモデルのウィンドウと出力といったテキストが書かれたウィンドウが現れ、チェックを開始します。モデルウィンドウでは、接触している部分は黄色、干渉している部分は赤で表現され、合わせて出力ウィンドウ内では、何のモデル同士がそのような配置になってしまっているのかが表記されます。
モデル内で確認してみましょう。
パソコンデスク15-3

図のように赤く表示されているところが見つかりました。これは、キーボード用板とモニタ用板の部分でねじ穴をあけていないためにねじと板が干渉していました。
フレーム類は、共有パーツを使用しているために手前側のみモデル化すれば反対側も追従してモデル化されましたが、板自体は別々にねじ穴を設ける必要があったのですが洩れてしまっていました。
この部分は、ねじ穴を作成したときのようにして修正します。

今後、大きなモデルを作成した場合にでも出力内のテキストをコピーし、エディタ等で「干渉しています」をキーワードに検索することで容易に干渉部位を確認することができます。

いよいよ次回で「パソコンデスクのモデル化」も最終回です。最後のパーツは説明しませんが適当に作ってみてください。「パソコンデスクのモデル化」以降は、3D CADや設計についての文章を書くか、2D図面の作成か、切削品のモデル化か何にするか悩んでいます。少し考えます。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。