アノテーション操作(その5) -図面構成・シート追加-|無料の3D CADを使ってみよう

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  アノテーション >  アノテーション操作(その5) -図面構成・シート追加-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アノテーション操作(その5) -図面構成・シート追加-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
アノテーション編(その5)です。今回は図面とモデルの一致に関する話です。ちょっと大事です。

Creo PEで3Dモデルを作って、モデルを元に図面を作ります。前回までで、パソコンデスクの3Dモデルから2D図面を作成していますが、アノテーション(2D図)はバンドル(bd2)でセーブしてくださいと説明しました。
では、バンドルはどういうファイルなのかと言いますと3Dモデルと2D図面の関連性を維持したまま一つの塊として両方を記録しているファイルです。
モデリングではパッケージファイル(pk2)でセーブしましたが、こちらはモデル単独のセーブとなります。図面はありません。

では、現在パソコンデスクの最上位図面として全体の組立図を作っていますが個々の部品はどうしましょう?
アノテーション編の最初にやったように個々の部品ごとに新しく図面を起こしてビューを作っていきましょうか?
図面としてはできなくはないですが、困ったことが起き始めます。

図面を作っている途中に変更が発生した場合、組立図や他の図面への影響はどうなのか?という問題です。
例えば、補強板の幅をもう少し広げて大きくしたいとなったとします。影響する範囲は、組立図、補強板、フレームに及びます。(※1)ここでは、3つの図面でしかありませんがもう少し規模が大きくなると洩れが生じやすくなります。非常に便利な3D CADではありますが、弊害の一つとして「なんとなく出来てるっぽい」というものがあります。問題があったとしても作成者自身も検図、承認者も見た目が良いので問題が無いように錯覚します。人が問題に気づきにくくなってしますのです。

そこで、3D CADの強みでもある3Dモデルと2D図面の関連性をしっかり維持するようなDATA管理が望まれますし、DATA管理者は維持できるような作業の進め方を提示していく必要があるのです。

以上を踏まえ、Creo PEしかない環境で全ての3Dモデルと2D図面の関連性を維持しながら作業するためにはシート分けされた図面群の中で全ての図面を完結させるということになります。
もちろん、Creo Directやデータ管理ソフトなどを使えば個々の3Dモデルと2D図面をそれぞれ独立して扱いながら関連性を維持するといった使い方も容易にできます。興味があるかたは、そちらを調べても良いと思います。

長々と文章が続きましたがシートを追加して個々のパーツの図を作成することにしましょう。図面-シートの作成コマンドでシートを追加します。
アノ5-1
アノ5-2

追加したら、ビューのビュー追加を選択しオーナを補強板を3Dモデルまたはツリー上から選択します。後は、尺度を適切なものに指定して必要なビューを貼り付けることになります。
下図では、補強板の正面と上面図のみを作成し尺度を1/2にしています。
また、ツリー上で全てのシートが濃い青になっていることを確認してください。
アノ5-3

ためしに補強板を変更してみます。補強板の幅を40mm広げてみます。
アノ5-4

アノテーション側では全てのビューに影響が及ぶので、全ての表示が水色になりました。
アノ5-5

ビューの更新を行うと全ての表示が濃い青になると同時に形状も変更されました。組立図にも部品である補強板も関連性を維持したまま更新されています。
アノ5-6

以上のように3Dモデルと2D図面の関連性は品質の維持という点で非常に重要なポイントです。しっかりと考えておきたいところです。

次回は、補強板を使って寸法の話に戻ります。

※1
Creo Direct(PE含む)は、モデルの読み込み順序によって以下のような特徴があります。同じアルファベットは部品だと思ってください。また、ダッシュ付は編集されたものを意味します。
AというアセンブリにB~Dの部品が含まれるとします。これをA(B,C,D)と表記します。

A(B,C,D)を編集してA'(B',C,D)にした状態でBのバンドルを呼び出すと、Bの2D図面はB'へ反映されます。
Bを編集し、B'としたうえで一度バンドルとしてセーブしてからCreo Directを再立ち上げし、A(B,C,D)を呼び出してBを再読み込みすると、B'とならずにBの図面は編集前のBとして表現されます。
つまり、編集が発生したときにモデルやバンドルの呼び出し方によって編集したものが反映されなくなる恐れがあります。この話題については、別途部品の複写を行う説明(ノウハウ編を予定しています。)で行います。
[ 2011/04/10 18:10 ] アノテーション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。