アノテーション操作(その8) -オーナ-|無料の3D CADを使ってみよう
FC2ブログ

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  アノテーション >  アノテーション操作(その8) -オーナ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アノテーション操作(その8) -オーナ-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
アノテーション編(その8)です。今回はオーナのお話です。3Dモデルから遠ざかりましたね。

アノテーションで図面を作成していく上で避けて通れないのがオーナの定義です。具体例を示しながら話を進めましょう。
まずは、下図のように図面内にテキストで指示を追加する場合です。下図ではプリンタ用板にラベルの貼り付け指示をしてみました。
アノ8-1

図面を作成作業の中でビューを動かしたい時には、ビューの少し外側を触ってやるとオレンジの枠が表示されます。この状態でビューをズズッと動かすとビューを移動できます。
アノ8-2

しかし、テキストのオーナの設定を誤るとご覧のとおりに折角指定したテキストが取り残されてしまいます。
これは、ビューにテキストが含まれていないために起こってしまいました。オーナとは、その要素がどの図面要素に含まれているのかを設定してあげることです。
オーナは、「シート」「枠」「ビュー」「スケッチ」の4種類の中から選択することになりますが、ここでは最もよく使用する「ビュー」をオーナとする設定について説明していきます。
アノ8-3
アノ8-4

アノテーションでテキストを追加する際にテキスト作成コマンドを選択し、テキスト入力ウィンドウが表示されるますが、オーナがアクティブシートになってしまっています。
アノ8-5

そこで、テキストを入力する前に先にオーナを選択して、オーナをテキストを追加するビューをクリックして上面1に変更します。そして、テキストを入力します。例では「テスト用文字」と入力して確定しました。
アノ8-6
アノ8-7

それでは、先ほどと同じようにビューを動かしてみましょう。今度は先ほど入力した「テスト用文字」が表示されずに枠のみが表示されて、ビュー移動後は元のビューの中に配置された場所にテキストが収まっています。
アノ8-8
アノ8-9

このように図面の中に2D(2次元)で情報を追加したりしていく際、追加する要素がどのオーナに属するのかを設定することが重要であることが分かると思います。
テキストと同じように2D図や表面処理、スケッチ(後日説明します。)等もオーナの設定が必要ですので、追加する際にはどのビューに所属させればいいのかを適切に設定しながら追加してください。
アノ8-10
アノ8-11
アノ8-12

次回は、先ほど追加した「ラベル貼り付け」のテキストを正しいビューをオーナとさせる方法とテキストとオーナの間の注意点について説明したいと思います。
[ 2011/04/20 22:48 ] アノテーション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
76位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。