アノテーション操作(その10) -スケッチ-|無料の3D CADを使ってみよう
FC2ブログ

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  アノテーション >  アノテーション操作(その10) -スケッチ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アノテーション操作(その10) -スケッチ-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
アノテーション編(その10)です。スケッチの話ですが、今回はちょっと参りましたというか、エッできないんだぁ。という感じでして、ちょっと手間というかなんというかです。まぁ、できないわけではないのですが思った動作と違いました。

くどかったですが、行ってみましょう。
スケッチとは、グループ化された線やテキストなどをひとかたまりとして扱うために作るものです。設計情報としては重心位置マークや決められた詳細図、表示情報としては定型化されたラベルなどをスケッチでまとめておくものです。
下図では、3Dモデリングをしたパソコンデスクにラベルを貼った2D図を表現することを想定してみました。ラベルの外枠の矩形と中のテキスト「MAKIPE」がスケッチでグループ化されています。
アノ9-5

では、スケッチをやってみましょう。スケッチメニューから作成を選択します。
アノ9-1

オーナを決める必要があるので、今回は上面をオーナにします。また、名前も決めてやらないといけませんのでラベルという名前にしました。最後に基準点です。図面内の任意の位置をクリックします。
アノ9-2

なんともみにくいのですが、この小さな点がスケッチの原点です。
アノ9-3

あとは矩形を描き、中にテキストを記入しますがいずれもオーナがスケッチのラベルになるようにして作成してください。テキストはいろいろなフォントから文字種を選択できますし、塗りつぶしの有無を選択できます。デザイン的に必要な場合にはフォントを変えてみるのも良いのではないでしょうか?
アノ9-4

以上の操作でスケッチは完了です。スケッチを移動させたときに固まって動きますか?動いていればオーナ設定も正しくできています。このスケッチですが、繰り返し使いたくなるようなものが意外に沢山できていきます。重心位置だって、ラベルだってシリーズ化されていけば繰り返し使いたいものです。そこで定義と言って、CADに登録することができるようになっています。CADに登録してみます。定義コマンドを選択します。
アノ9-5

別のウィンドウが開いて、名前や分類を決めてあげます。分類は、自分で新しく作ることもできるので、空白の入力欄に分類名を入れることで作成できます。下図ではラベルという分類を作成しています。他はデフォルトのままで結構です。
アノ9-6

左側のウィンドウのタブをテンプレートにすると登録されていることが確認できます。
アノ9-7

ここからが想定外でした。Creo Directでは、このテンプレートにあるサムネイルをクリックすることで図面上にスケッチを呼び出すことが可能なのですが、 Creo Direct PEでは以下のようにエラーが表示され呼び出すことができません。エラー内容から察するに、モジュールが組み込まれていないようなのです。
では、折角作ったスケッチを使って効率よく作業ができないのかと言えば、実はなんとかなります。
アノ9-8

スケッチで作成されたDATAは、WINDOWS 7では以下のフォルダに格納されています。
C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Roaming\CoCreate\CoCreate Modeling Personal Edition 3.0\30.0\ANNOTATION\Sketches
WINDOWS XPでは、以下のフォルダです。
C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Application Data\CoCreate\CoCreate Modeling Personal Edition 3.0\30.0\ANNOTATION\Sketches
このフォルダ下に分類ごとにまとめて登録されているのです。そこで、じかにファイルを選択して呼び出すことにしましょう。
ファイルメニューからロードを選択しますが、このときにファイルの種類をスケッチとして呼び出しましょう。
アノ9-9

そして、先ほどのファイルが登録されているフォルダをからスケッチ名.miのファイルを呼び出しましょう。
アノ9-10

ファイルを呼ぶときもオーナをしっかりと設定してください。下図では上面のビューをオーナとしています。
アノ9-11
アノ9-12

ご覧のようにラベルを二つ貼り付ける図面を作成することができました。
アノ9-13

今回呼び出すことにした拡張子miのファイルですが、これが本来のCreo Directの2D用DATAの拡張子になります。ですので、図面単体でセーブするときもこのmiが付いたファイルでセーブしますし、スケッチや図枠のフォーマットもmiで作成します。
次回は、今回のようにスケッチで図枠を作成し更にCreo Direct PEに登録することをしてみたいと思います。

[ 2011/04/24 15:32 ] アノテーション | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
76位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。