3次元CAD利用技術者例題 5-1|無料の3D CADを使ってみよう
FC2ブログ

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  CAD利用 >  3次元CAD利用技術者例題 5-1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3次元CAD利用技術者例題 5-1

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
3次元CAD利用技術者例題の5-1です。

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。2011年は、東北の地震もあり、タイの洪水、為替相場などいろいろなことがありました。なんとか無事に生きていることに感謝しつつ、傷跡は残っていますが立ち直っていかねばと思います。今年は、皆様にとっても良い1年になることを願っています。

相変わらず、忙しい状況なので少しずつですが、3次元CAD利用技術者例題の5を進めてみたいと思います。さて、この例題5なのですが、設計をする立場で言えば何をするものなのか良く分からんというところです。ですので、早くモデリングするという点において話を進めていきたいと思います。

まず、このモデルなのですが最初は二分割するような形でモデルを作っていきます。二分割ってどこで二分割なのでしょう?
それは、R180の面を持った部分とその周囲のクサビ型の円周部というように分けてモデル化します。
下図が、R180を持った部分を作成するときの参照線です。原点とある部分が側断面図の原点位置になります。
Q5-1-1.jpg

下図が拡大版です。分かりになりますか?
Q5-2.jpg

実線で描いてみるともう少し分かると思います。R180を持った曲面と穴位置までの4.5mm、11.5mmの点を結んだ斜線で構成した半凸レンズのような形状です。
Q5-3.jpg

これを両側にプルで押し出すようにしてモデル化します。押し出し量は必要とされる直径より少し大きい寸法にします。下図では40mmで両側に押し出しました。もちろん、これより大きくてもOKです。
Q5-4.jpg

さぁ、どうしていきたいか分かりますでしょうか?普通、このような形状であれば断面形状を描いて回転させれば良いのですが、曲面を持っているうえに斜めです。回転ではモデル化できません。そこで、二分割する形で作っていきます。次の手順はクサビ型の円周部を作って、曲面を持った部分との差をとって和でマージするというような手順になります。

今回は短いですが、ここでおしまいです。次回はなるべく早く、週末くらいにはなんとか・・・。
[ 2012/01/10 23:45 ] CAD利用 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1752位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
76位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。