3次元CAD利用技術者例題 5-2|無料の3D CADを使ってみよう

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  CAD利用 >  3次元CAD利用技術者例題 5-2

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3次元CAD利用技術者例題 5-2

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
3次元CAD利用技術者例題の5-2です。

早速、続きです。
クサビ型のリングの部分に取り掛かります。
前回のパーツとは別パーツとして作成します。
まずは、先端部の15度の角度を持った部分の下書きを行います。
Q5-5.jpg

そして、反対側(内側)の線を描きます。もっと正式なやり方はあるのですが、手順が面倒というか手順をうまく理解できないので、私の場合には以下のようにして角度線を描いています。
対象となる線をもとに回転をさせます。このとき、元の図形を残すにチェックをいれておきます。
Q5-6.jpg

角度線が描けたら、所定の位置に移動。ただ、これだけです。元々の機能として持つ角度線の引き方については、後日に別枠で説明します。
Q5-7.jpg

回転でモデルを作成するために断面形状を下書き線を元に描いていきます。
Q5-8.jpg

描いたら、360°回転させてモデルの完成です。
Q5-9.jpg

後は、曲面を持った部分との差をとって和でマージするというような手順になり、他の部分を仕上げていきましょう。

簡単ですが、今回はここまでです。説明もだいぶ端折っていますけど、大丈夫かな?
[ 2012/01/14 21:52 ] CAD利用 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。