パソコンデスクのモデル化(その5) -スイープ-|無料の3D CADを使ってみよう

無料の3D CADを使ってみよう

無料(フリー)で使える3D CAD「Creo」の操作方法をお教えします
無料の3D CADを使ってみよう TOP  >  スポンサー広告 >  モデリング  >  パソコンデスク >  パソコンデスクのモデル化(その5) -スイープ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パソコンデスクのモデル化(その5) -スイープ-

無料 3D CAD「Creo Elements/Direct Modeling Personal Edition(PE)」を使ってみよう。
その5です。今回はスイープ。3D CADらしい動作をしますよ。

今回はスイープコマンドを使って曲がった角材をつくってみます。
スイープとは任意の軌跡に沿ってワークプレージ上に描かれた形状を押し出して形状を作ることをいいます。

それでは早速曲がった角材をつくってみましょう。
まず、一番長い角材(6)の端面にワークプレーンを作成し、輪郭線を図形(白線)で作成します。
パソコンデスク5-1

これで、スイープさせる為の元の図形が完了です。もし、丸棒を作りたければ丸にすればいいし、六角棒を作りたければ六角形にすればいいわけです。

次にスイープの為の軌跡となる線を作りましょう。曲げRは100Rです。
先ほどの四角形の二辺の中点をとって十字の下書き線を作成します。コパイロットの下書き線-二点のコマンドを使って[CTRL]+[SHIFT]を押しながら四角形の辺を触ると自動的に線分の中点が取れます。
(もし、円弧を触った場合には中心点が取れます。)
パソコンデスク5-2

十字線の交点を原点として今のワークプレーンに鉛直なワークプレーンを作成します。原点は十字線の交点です。法線方向は、新しく作るワークプレーンに対する法線方向です。ワークプレーンの向きをよく考えながら選択してください。
パソコンデスク5-3

ワークプレーンが作成できれば、軌跡を描いていきましょう。今までやったことの復習になりますが、角材の外形を下書き線を作成し、中点をとって無限下書き線を作成。角材の下書き線を使ってオフセットで曲がるまでの距離をとります。更に、下書き線をオフセットとして下図のようにL時を図形で作成してください。
パソコンデスク5-4

あとは、このL時の図形にRをかけます。2D編集-フィレットのコマンドを使ってL字の二本の線を選択し100Rのカーブを作成します。
パソコンデスク5-5

スイープコマンドを選択し、WPで二重の正方形を描いたWPを選択、スパインでは軌跡を順にヒットして選択していきます。名前は曲がり角材とでもしておきましょう。
曲がり角材は、今までのようにフレーム アセンブリの中ではなくパソコンデスクの下で作成してください。
パソコンデスク5-6

曲がり角材の完成です。
パソコンデスク5-7
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

MAKIPE

Author:MAKIPE
簡単に三次元CADを使ってみませんか?
無料で使える三次元CADの使い方や操作方法について紹介しています。

三次元CAD、難しいようですが簡単です。無料の三次元CADを使ってみましょう。
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
1268位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
デザイン
42位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
PR
PR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。